ゆったり まったり のんびり移住

〜東京から家族で移住〜

移住地を探そう!〜その7 長野市を訪ねてみる〜

2020年のまだまだ暑い時期、コロナ禍でしたので子供たちを電車に乗せるのは抵抗があったため、まずは夫と2人で日帰りで長野市を見にいく事にしました

 

その日は快晴で、とても天気が良く、暑いけど気持ちいい日でした

予約していたレンタカー屋さんで車を借り、まずは長野市をドライブしてみようという事になりました

 

事前に夫が長野市役所の移住相談の方とオンライン相談していたのですが、その際に「青木島の方だとアルプスが見えるよ」と教えていただいていたので、とりあえず、青木島方面へ行ってみよう!という事になりました

 

そしてナビで大体の青木島エリア方面へ設定して、車を走らせていきます

犀川沿いを走り、「川沿いで畑があったりするんだね、お散歩コースになりそうな道だね〜」なんて話しながらナビの目的地に到着しましたが・・・

 

どの方向を見渡してもアルプスが見えません・・・

きっと青木島のどこかでは見れるはずなのかと思いますが、私たちはたどり着くことができませんでした。笑

 

気を取り直して、次は善光寺に行く事にしました

初めて善光寺に行ったのですが、とても大きくて荘厳で、厳かな雰囲気が漂っていました

お参りをし、参道を少し見ながら周辺を散策してみました

気になっていたカフェを訪ねてみたのですが、あいにくその日は定休日でした

なので、参道沿いにあったスタバに行くことに。。

参道沿いということもあり、いつもの緑なスタバではなく、とてもとても「和」な雰囲気・・・・写真撮ったのに、どこかへ埋もれてしまい発見できず、、残念💦

 

そして引き続き善光寺周辺を散策していたのですが

長野市は駅周辺よりも善光寺周辺が栄えている印象でした

おしゃれなお店や美味しそうなお店も多かったです

 

そして散策していて感じたことは、、、「静けさ」

たまたまそんな時間帯だったのかもしれませんが

一本路地裏に入ったら、誰もいない、何も動いていない、何も聞こえない、、

「音」がなくて、とにかく「静か」なんです

 

普段都内で生活していて、幹線道路や街道近くに住んでいるのもあって、うるさいほどではないのですが、それなりに車の音であったり人の声が聞こえたりするのです

特段不快な思いはしていなかったのですが、「ああ、私って自分が思っていたより騒がしいところで暮らしていたのだな・・」と感じる事になりました

騒がしいのも「騒がしい=人のいる安心感」という感じで悪いばかりではないんですけれども。笑

とにかく、「無音」を感じれたことが私にとって、とても新鮮な発見ではありました

 

そして善光寺周辺を散策した後は地附山公園へ行く事にしました

なぜ、この公園を選んだかは今となっては謎なのですが、、善光寺から行ける公園で検索したら出てきたのかな。。。

 

ただ、こちらの公園、昭和60年に発生した地滑り跡地を利用して作った防災メモリアル公園というものなのだそうですが、見晴らしがとても良かったです!!

開園期間は4~11月という事だそうで、行くまでの急勾配な道を考えれば納得です

冬場は路面が凍ってしまうと思うので、滑って危ないですものね、、

 

www.city.nagano.nagano.jp

 

上まで歩くのに少々体力が必要ですが、頂上にある展望デッキからは長野市が一望できます

街の規模感、全体像を掴むのにとても良いかと思います

 

帰りはローラー滑り台が短距離ですが、至る所にあるので滑り台で滑って降りることも可能です

誰も見ていないのを良いことに夫は滑ってました。笑

 

最後は長野市の移住者向け住宅を見てみることに

 

www.city.nagano.nagano.jp

現在は募集が中止されていますが、2DK〜3DKで家賃・共益費込みで51,000〜58,000円で3年間住むことができます

 

長野市に移住する場合はここにひとまず住んでみて、そこからゆっくり家探しでも良いかもね、と来る前に夫と話していたので一度見て見たかったのです

市役所の方に事前に連絡しておいたわけではないので、建物を周りから見るのと、周辺を見て回るくらいしかできませんでしたが、雰囲気は掴めました

 

実際に見てみると、線路のすぐ隣に建てられているのこと、そして私たち夫婦があまり高すぎる階に住むと落ち着かない習性ということもあり(移住促進住宅は8-9階部分)

長野市に住む場合は、わざわざこちらを借りなくても、自分たちで部屋を探すのも良いかもね、という結論になりました(値段は魅力的ですが・・・)

 

日帰りだったので、見れる時間も限られているため、バタバタとした駆け足訪問となってしまいましたが、夫と私の所感は・・・

 

長野市なら住めるね!

ということでした

 

雰囲気も良く、山に囲まれ、ここに住みたいと思える土地でした

今まで色んな土地を見て回りましたが、夫も私も「住める、住みたい!」と思える土地に出会えたのは初めてのことで、とても収穫になりました

そして次の松本市への訪問にも、とても期待が膨らみました

 

 

 

 

 

 

移住地を探そう!〜その6 長野市と松本市の資料を取り寄せてみる〜

長野市松本市安曇野市を見にいくと決めてから、前もってそれぞれの市の雰囲気や情報を知ることができたらいいな、、という思いから長野市松本市の資料を市役所から取り寄せる事にしました

 

それぞれ移住相談の窓口に連絡したら資料を送ってもらえます

 

ざっくりとなりますが、中に入っていたのは

 

・市のマップ

・生活マップ(松本市のみ)

・Uターン、Iターンなどの移住者の体験談

長野市を含めた近辺の市町村の特色(長野市のみ)

松本市の地区の特色(松本市のみ)

・空き家バンクの案内(長野市のみ)

・求人情報(長野市のみ)

・子育てガイド

・農業の案内(長野市のみ)

長野市移住体験住宅(コロナのため現在利用中止)(長野市のみ)

・観光案内

・就職転職ガイド(松本市のみ)

 

というような感じです

個人的には市や地区の特色が載っている冊子は場所ごとのイメージがわかりやすく、読んでて楽しかったです

また、松本市の生活マップは病院・スーパー・ドラッグストア・ホームセンターなどが載っている「病院・買い物編」と保育園・幼稚園などが載っている「学校編」があり、市内のどこにスーパーや保育園があるのかとても分かりやすく、特に保育園がどこら辺にあるのかについては、未就学児がいる世帯にはとても知りたいポイントですので、、、それをマップで一覧で見れるのはとてもありがたいです

 

長野市松本市の市のマップや観光案内を見ながら夫とどこら辺をみてまわろうか?

と話し合いながら、見にいく日を楽しみにしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

移住地を探そう!〜その5 田舎レベルを考える〜

前回、高知県の梼原(ゆすはら)町に恋焦がれるも、夫の「なんか田舎すぎない?」という一言であえなく撃沈となり、また移住地探しは振り出しに戻りました

 

ここで、根本的な事が話し合えてないことに気がつきました

「田舎レベル」の話です

 

田舎レベル・・・田舎度の割合を示す。田舎レベルが高いほど田舎具合が増し、田舎レベルが低い方が都心寄り(私調べ)

 

まず、夫とお互いの田舎レベルのすり合わせをすることから始めないとそもそものお話にならなかったわけです。お互いふんわりしていた「どれくらいの田舎暮らしを想定しているか」「どれくらいの田舎暮らしなら許容できるか」といったことを話し合い、お互いの許容範囲の交わるところがどこなのかを調べていきました。

 

以前、夫が「景色が良いところに住みたいな〜」とポロッと言ったことを聞いて、「ああ、それでは結構田舎でもOKなんだな、、」と私の方で勝手に思っていたわけですが、夫の中では住むイメージとしては「地方都市〜まあ離れても車で30分くらい。」を想像していたと分かりました。

 

そして、どんなところに住みたいか?どれくらいの田舎レベルか?住んだら何をしたいか?を明確に洗い出していきました

 

○やりたいこと

・山登り

スノーボード

・キャンプ

・畑

 

○どんなところ・田舎レベル

・景色が綺麗

・ど田舎過ぎない

・主要駅から車で30分位でいけるところ

 

明確にというか、ざっくりになってしまいましたがw

イメージは気軽に都市にも自然にも行けるような場所です

そして話し合っていくうちに、やはり関東に親が住んでいるということと

親の老後、介護など、これからの事を考えると関東から離れ過ぎない場所がいいだろうという事になり、自分たちのやりたい事と合わせて考えた結果、またまた長野県が再浮上してくるのでした

 

これまで都心へのアクセスを考え、軽井沢・佐久市など近い場所を探してきましたが、スノーボードやアウトドアのことを考えると、もう少し奥の方でも良いのではないかということで、「長野市」と

 

また、今まで新幹線が通る場所の方でばかり調べていましたが、特急あずさのルート上にある都市も調べてみようという事になり 「松本市安曇野市」がそれぞれ候補に上がりました

 

そして、長野市松本市安曇野市をそれぞれ見に行ってみようという事になりました

 

 

 

移住地を探そう!〜その4 梼原町に恋をする〜

ふとテレビを見ていたときに、移住特集で梼原町を知りました

高知県梼原町(ゆすはらちょう)

http://www.town.yusuhara.kochi.jp/

 

高知市から車で1時間40分ほど、移住者が増えていると紹介されていました

その理由は“格安で住める空き家があると言うこと”

梼原町では、空き家を市が借り上げて、設備などリフォームして住める状態にして、移住者に5年間15,000円/月で貸してくれるそうです

 http://www.yusuhara-iju.jp/house/

 

リフォームも設備や内装がとても素敵な感じに仕上げてくれています。

こんなに綺麗なのに月15,000円で住めるなんて、とってもお安い!そしてどんなお家でも大小広さ拘らずに同一の金額というのもすごい!

 

移住するにあたって、やはり住居の問題がネックになってくるかと思います

ああ、良さそうな場所だな、住んでみたいな、と思っても大体空き家であるものは築何十年レベルで設備も内装も古かったりします。そのまま借りるのも抵抗ありますし、例えお安く購入できたとしても、自分でリフォーム代金を最初に負うのは結構な負担になります

 

檮原町のこちらの取り組みでしたら、設備や内装をリフォームして住みやすくしたお家を格安で借りて、5年間住むことができます。5年経って、このまま梼原町でもやっていけるな。。と感じたら自分で家を探したり、建てたりすればいいわけです

また、梼原町では、森、水、風、光などの自然エネルギーを活かした取り組みによって、生き物にやさしい環境への取り組みを進めていたり、子供は町の宝!ということで、町ぐるみで子供を見守っているそうです。子育て世代には、とてもありがたいと感じるのでした。こんな環境で子育てするのも素晴らしいだろうな・・・と、想像も膨らみます

 

それに梼原町では図書館やレストランなど、隈研吾さんがデザインされた建築物がいくつかあったり、移住してきた人たちが素敵なお店を開いていたりとなんだかとても良さそうな感じ❤️

 檮原町のHPを見て、自然豊かな写真を見て、すっかり梼原町に恋に落ちてしまいました

 

そして、高知県には既に友 達2人が移住して住んでいます

1人は高知市に、1人は四万十市に、なので私はどちらにも遊びに行った事があり、どちらもとても素敵な印象でしたので、高知県にとても良いイメージを持っていました

 

また、私たち夫婦はスノーボードが好きなのですが、四国に住んだらスキー場ないのかな・・と思っていましたが、小さいながらもスキー場がありました。子供達と一緒に遊びに行ったら楽しいだろうな〜・・・なんて考えながら

 

高知市には空港もあるし、何か都心で仕事がある時は飛行機で行けばいいしね。なんて話もしてみたりして、とっても期待が膨らんだのでした

 

どこかのタイミングで、コロナが落ち着いたら見に行ってみようか・・となり

その前にまず、Googleストリートビュー梼原町がどんな感じなのか見てみようよ!と言う事になり、子供達が寝静まった後、2人でみてみる事にしました

 

そして、夫が言った一言が

「なんか、田舎すぎない?」でした。。。

 

あれ?あれれ?何か、夫と感覚がずれていたような・・・ま、まぁ、確かに田舎だけれども、、でも自然豊かな場所がいいって言ってなかったっけ?

 

そんなこんなで、結論は田舎過ぎる!ということになり、梼原町は却下となったのでした。。

今考えたらやはり都内までのアクセスや、東京と埼玉にいる親達のことを考えたらやっぱり遠過ぎるかな、、と思います。ですが、この記事を書くにあたって梼原町のHPなど改めて見直しましたが、やはり良さそうな所だと感じています。移住とはならなかったけれど、いつか高知に遊びに行った際には、是非訪れたい街となりました

 

 

 

移住地を探そう! 〜その3 ポッキリと折れた心〜

 前回、軽井沢周辺をみてみて結局決めきれず

また海外or国内で悩み始め、移住については振り出しに戻っていました

 

それが2019年の秋ころのお話です

そこからやはり海外に住んでみるもの良いかもね

という話題も夫婦でちらほら出ていた時に、アレがやってきました

 

そうコロナです

 

未知のウイルスが世界的に蔓延していくのをみているうちに

海外に移住したいと思っていた心が、ポッキリと折れてしまいました。。。

 

海外で何かあった場合、外国人となる私たちはちゃんと対応してもらえるのか?

この不安定な情勢がいつまで続くかわからないし、治安も悪くなるのではないのか?

海外で何かあった時の医療費はどうやって賄っていくか?

夫に何かあった時、私が英語や現地の言葉でちゃんと説明できるのか?

日本に戻れない事態が発生した時に、親に何かあったらどうするのか?

 

日本でも何があるかわからないし、治安も悪くなるかもしれない

 

でも、やはり自分の生まれ育った国で、言葉も不自由なく話せ、食べ物も美味しい

 

やっぱり日本に住むのがいいんじゃないか

と完全に傾いた瞬間でした

 

そして、夫も似たような事を思っていたようで、、、

夫婦の意見も完全に一致することとなりました

 

移住地を探そう! 〜その2 移住体験施設を利用してみる〜

移住熱が下火になりつつもまた、動き出そうかなぁと考えていた頃

お友達と移住について話す機会がありました

お友達夫婦も今は移住地を探しているところで

やっぱり住む場所も大事だけれど、人も大事

知ってる人がいるところが良いよね、一緒の場所に住めたら良いよね、と…

 

お友達夫婦は佐久市周辺が気になっているとのこと

偶然にも私たちはその頃軽井沢近辺が気になっていました

そこで、夫と話して一度軽井沢周辺を色々見に行ってみよう!

ということになりました

 

都内での仕事を残しつつ移住するには、軽井沢近辺だったら

新幹線で1時間程で東京にいける距離感が「ちょうど良い」のかなと思ったのです

 

滞在費などをあまり気にせず、ゆっくりできるように宿泊は

佐久市の「移住体験施設」に決めました。

(URLを載せようと探して見たらなかったので、現在コロナのため中止しているのかもしれません。私たちが利用したのは2019年になります)

 

ここは寝具以外の基本的な設備が整っており、自炊もできます。

滞在費は0円ですので、私たちがかかった費用は

 

・寝具レンタル代

・食費

・温泉代

 

となります。

温泉代については、移住体験施設にお風呂がついていたのですが

すぐ近くに温泉があったため、毎日そちらにお邪魔しました。笑

 

全部で4泊5日滞在したのですが、家族4人で宿泊費0円というのは

とてもありがたかったです!

 

そして、滞在中に訪れた市はこちらです。

 

佐久市

軽井沢町

東御市

御代田町

 

東御市の移住定住ポータルサイトなど、おしゃれで良い感じ

iju.city.tomi.nagano.jp

 

東京から軽井沢や周辺地域に移住した人のブログを読んだりしていて

モチベーションも上がり、ついに移住地が決まるのね!と思っていました

 

・・・が!

実際に行ってみて、どの場所もとてものどかで良いところだな、と

思ったのですが、家族で住むイメージが全く湧かず・・・

夫も「なんだか住むイメージが湧かないね」と、、、

 

結局この頃はまだ自分たちが

 

「どういった場所で何をしたいか?」

 

というビジョンを明確に考えきれていなかったので、当然の結果だったと思います

気持ちも高まり、いざ現地へ行ってみたものの

結局、移住熱はまた尻すぼみになって帰路につくこととなりました

 

 

 

 

移住地を探そう! 〜その1 どうやって決めたらいいの?〜

無事に結婚式も終わった頃、どこかへ移住したいなと漠然とした気持ちはあったものの

漠然としすぎていて、ではどこに移住しようか?となった時に

明確な「ココ!」と思える場所がありませんでした

 

夫も私も地元が東京と埼玉なので“田舎にUターンする”という選択肢はありません

 

都内にある自治体のアンテナショップに併設されている移住相談に行ったり

移住フェアに行って話を聞いたりしましたが、あまりピンと来ず

 

なんとなく良さそう、、と思って旅行を兼ねて行ったりした場所に関しては

良い場所ではあるけれど、生活するとなるとちょっと違うよね、という感想になりました

 

また、”日本の田舎に住みたい”という思いと、”やっぱり海外で暮らしたい”という思いもあり、ますます迷走していきました

 

お互い海外で暮らしたことがあり、語学についても夫は問題なく、私も日常会話レベルであればなんとかなるので、”永住したい!”というよりは、”若いうちににまた海外暮らしを経験したい!”という思いがあったのです

 

ただ、海外に移住するのであれば2人とも一から仕事を探さねばなりません

夫はフリーランスで働いていたので今まで築き上げてきた人脈も全て捨てる覚悟で行かねばなりません

 

国内or海外でいくら悩んでも結果は出ず、その頃は夫の仕事も都内にいなければならないようなものが多く自然と移住の熱は「いつかしたいね」レベルまで下がっていました